島野聖章音楽研究室 » ケルン・コンサート

テキスト

ケルン・コンサート

キース・ジャレットのケルン・コンサートを改めて聴いている。キース・ジャレットはかなり聴いてきたつもりで、ケルン・コンサートのような代表作はもう十分聴いたと思っていたが、改めて聴くと、やはり神がかっている。特に、PartⅡbってのがすごい。マイナー・コードのオスティナートが続くと思いきや、少しずつ音をずらして何とも言えない響き(世界)を創り上げ、高揚していく部分が絶妙。これは多分コードネームで記号化できるようなものではないものなのだろう。

これを録音したのが30歳。この年でこれだけの演奏を成し遂げるとは。。。

 

 

ザ・ケルン・コンサート

新品価格
¥952から
(2014/10/26 22:52時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です